Home » Uncategorized

Category Archives: Uncategorized

綺麗なボディーづくりの基本

内蔵脂肪がたっぷりついて太ってしまったら体重を単に落とすだけでは実は綺麗なボディーにはなれないと言ってよいのです。綺麗なボディーになるには単に体重を落とすだけでなく筋肉をつけるべき部分にしっかりつけるといった意識が大切になります。

たとえば、女性には憧れのくびれたウエストをもったナイスバディで綺麗なボディーになるには体重を落とすだけでは実現できません。綺麗なボディーの代名詞と言ってよいくびれたウエストにするためには筋トレやストレッチ運動をダイエットに取り入れて適度な筋肉をつけることが必要なのです。

綺麗なボディーづくりには体重を落とすのが大前提

夏までに綺麗なボディーになるには増えてしまった体重を落とすことが大前提です。お腹にたまった内臓脂肪はウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で落とせます。

脂肪代謝の改善を促してくれるようなサプリメントを併用することで体重減少にさらに弾みをつけます。そこでオススメなのがラクトフェリンです。

ラクトフェリンには脂肪代謝機能の改善作用があり、脂肪吸収を抑制してたまった脂肪を分解して燃やし易い状態にしてくれます。綺麗なボディーづくりの強い味方になるラクトフェリンではラクトフェリン半額で効果を実感できるサプリメントがあります。それはライオンの『ラクトフェリン』です。ライオンの『ラクトフェリン』では初回購入に限って約1か月分のラクトフェリンサプリが通常価格の半額となる「2980円+税」で試せます。ラクトフェリン半額で効果を実感できるのはライオンだけです。

綺麗なボディーになるための運動

綺麗なボディーになるには綺麗なボディーを作れる適切な運動に取り組むことです。筋肉をつけるために運動すると言ってもバーベルやダンベルを使ったハードな筋トレをしてしまうと綺麗なボディーというよりは男性的なからだになってしまいます。

綺麗なボディーになるためのオススメの運動としてはまず腰回しエクササイズです。足を肩幅より少し大きめに開いて膝を軽く曲げた状態にします。このレディーポジションから左右に壁があると考えて腰を左右に大きく振ります。次にお尻を下から上へつき上げるように前に出します。そして、次は腰をスライドさせるようにしてお尻を後ろに下げます。この一連の動きをリズミカルに行うと綺麗なボディーづくりとなるくびれたウエストが手に入ります。

内蔵脂肪がたまると・・・

お腹まわりや太もも、お尻などに内臓脂肪がたくさんたまってしまうと下半身太りとなって「洋ナシ型肥満体型」や「リンゴ型肥満体型」となりボディーラインは大きく崩れてしまい綺麗なボディーとは程遠い状態になります。そこで夏までに肥満体型から脱却して綺麗なボディーになるにはなによりもからだに蓄積された内臓脂肪を落とす対策が必須です。内蔵脂肪は燃え易いので積極的に内臓脂肪を燃やせる対策に取り組むと効果が高いのです。

綺麗なボディーのために食事を見直す

綺麗なボディーを夏までに手に入れる内臓脂肪対策では、まず内臓脂肪がたまらないようにする対策が先決です。内臓脂肪が蓄積されて体型が崩れるいちばんの原因は食事です。

肉類や脂っこい食事が多い、バターや糖分をたっぷり使ったケーキや甘いお菓子などが大好きで毎日必ず食べてしまう、アルコール好きで毎日たくさん飲んでしまう、食事時間が不規則で夜遅くに夕食をとることが多い、好きなモノを好きなだけ腹いっぱい食べるなどの食事内容や食事の仕方を気にしないような人は内臓脂肪がつき易い人と言えます。

高カロリー&高脂肪の食事が多いのなら低カロリー&高タンパクの食事内容に切り替える必要があります。また、腹八分目を常に守って甘いお菓子などはできるだけ口にしないように努力することが大切です。夜9時以降に夕食をとる習慣がある方は8時くらいまでには夕食を済ませるようにしましょう。夜9時以降にモノを食べると食べたモノが脂肪に合成されてからだの中にたまり易くなります。

綺麗なボディーを実現させる内臓脂肪がつかないからだを手に入れる

上記の食事療法に加えて内臓脂肪対策として憶えておきたいのは内臓脂肪がつき難いからだに作り変えるということです。内蔵脂肪がつき難いからだにするためには基礎代謝量をアップする必要があります。基礎代謝量が高くなればエネルギー消費量も大きくなるので食事から摂ったカロリーが脂肪としてからだにつかなくなります。

基礎代謝量を上げるには筋肉量を増やすのが早道です。筋肉はエネルギーをたくさん消費するので筋肉量が増えて基礎代謝量が上がれば常にエネルギーを消費できるからだになります。そうなると食事だけでのカロリー量では足りなくなるので蓄積された内臓脂肪をエネルギーに変換してどんどん消費するようになり脂肪が効率的に減ります。

内蔵脂肪がたまる原因

お腹まわりなどに内臓脂肪がたくさんたまってしまう原因は、過食と運動不足の2点に集約されると言っても過言ではないと思います。いつもお腹いっぱい食べてしまう過食癖のある人だと食事からの摂取カロリーがいつも過剰気味となってすべてカロリーがエネルギーとして消費し切れずにカロリーが余ってしまします。余ったカロリーは急場のエネルギー源として脂肪に合成されてからだにたまることになります。

急場のエネルギー源として脂肪を体内にため込むことはなにも問題はなく病気でもありません。が、急場のエネルギー源がからだにたまり過ぎてしまうと内臓脂肪による肥満となりいろいろな病気の原因となってしまうのです。一方で食事から摂った余分なカロリーを運動するなどでしっかり消費できるような生活習慣ならOKですが、運動不足となると余剰カロリーを消費できないので脂肪としてどうしてもからだに蓄積されてしまいます。

過食でも特にごはんなどの炭水化物をたくさん食べる、肉や天ぷら、揚げ物などが大好きでたくさん食べてしまうといった要因が加味されると過食による内臓脂肪の蓄積にさらに弾みがついてしまいます。さらにアルコール好きで過食しながら大量に飲酒するといった場合には短期間で内臓脂肪がお腹の臓器まわりにどんどん蓄積されてしまう可能性が高くなります。内蔵脂肪がたまる原因をカットする

内蔵脂肪がたまる原因をカットする

からだにたくさんたまった内臓脂肪対策ではまずは内臓脂肪がたまる原因をカットするのが先決です。それは過食癖を止めて腹八分目で満足できるような食生活に切り替えることです。過食癖のある人が節制だけで腹八分目に慣れるには難しいと思うので食欲を制限できるサプリメントなどを併用することをすすめます。食欲抑制の成分が含まれているサプリは満腹中枢を刺激するレプチンを分泌させることで食べ過ぎを抑制できます。

運動不足については特に内臓脂肪を燃やせる運動に取り組むことをオススメします。ウォーキングやジョギングは内臓脂肪を効率的に燃えやして減らせる有酸素運動となります。ウォーキングやジョギングならお散歩感覚で誰でも簡単に取り組めると思います。ウォーキングなら20分以上取り組むと内臓脂肪が燃えます。

また、ウォーキングなどは全身運動となるのでからだ全体の血流も良くなるので新陳代謝の向上も見込めて内臓脂肪がつき難いからだにすることも可能です。

内臓脂肪を減らすには?

肝臓や胃、腸などの内臓にたまってしまう脂肪と考えるとなんとなく減らすのが難しくて大変だとの印象を抱いてしまう人って多いのではないでしょうか。しかし、内臓にたまる内臓脂肪は実は皮下にたまる皮下脂肪よりも落とし易いのです。その理由を挙げれば、食事を摂らずに空腹時にからだを動かしている時に必要となるエネルギーや運動をした際に真っ先に消費されるエネルギーが内臓脂肪となるからです。ヒトのからだでのエネルギー消費のメカニズムを説明すれば、まずは食事から摂ったカロリーがエネルギーとして消費されます。それで足りない場合にはからだにたまった内臓脂肪をエネルギーに変換して消費することになります。そして、食事でのカロリーとエネルギー源として蓄えられた内臓脂肪でも足りない場合に皮下脂肪がエネルギーとして消費されることになるのです。

内蔵脂肪を減らすのは皮下脂肪を減らすよりもずっと簡単と言ってよいのです。言い換えれば、内臓脂肪は普通預金であり出し入れは自由である一方、皮下脂肪は定期預金と言ってよく実際に使うためには手続きが面倒になることが減らし難いことに通じる訳です。

内蔵脂肪は燃やして減らすのが早道

内蔵脂肪を減らすためには内臓脂肪は燃え易いといった性質を上手に利用する方法がいちばんの早道と言えます。つまり、内臓脂肪を積極的にどんどん燃やすことができれば内臓脂肪もどんどん減っていくのです。内蔵脂肪を効率的に燃やすには運動するのが早道となります。内臓脂肪をからだの中で燃やして減らすといってもハードな運動やトレーニングは必要ありません。誰でも気軽に簡単に取り組めるウォーキングやジョギングといった運動しながらからだの中にたくさんの酸素を取り込める有酸素運動が内臓脂肪の燃焼には効果が高いのです。

筋トレのような無酸素運動よりも有酸素運動が有効です。ウォーキングやジョギングなら20分以上続ければからだの中で内臓脂肪が燃え始めます。20分以上続ければ運動している限りからだの中で内臓脂肪が燃え続けて減っていくので有酸素運動は取り組めば取り組むほど内臓脂肪の減少には効果があるのです。

さらに内臓脂肪を効率よく燃やすためにはからだの新陳代謝を高めることです。運動は全身の血流を良くするので新陳代謝が向上して脂肪が燃え易い状態になります。定期的に運動すれば脂肪がつき難いからだにもなれます。

内臓脂肪対策の基本は食事と運動

からだにたまった内臓脂肪を減らして夏までに綺麗なボディーを手に入れるための基本は食事ダイエットと運動ダイエットとなります。理由は、内臓脂肪がからだに蓄積される原因が過食や肉や脂っこい食事の食べ過ぎといった食事での問題と運動不足による基礎代謝量の低下を指摘できるからです。内蔵脂肪を減らすためのダイエットでは内臓脂肪がつかないような食事を心がけることと蓄積した内臓脂肪を減らすための食事と運動に加えて、落ちた基礎代謝量をアップさせるための運動に取り組むことが必要と考えられます。

摂取カロリーと消費エネルギー量のバランスをしっかり考えてできるだけ摂取カロリーを抑制できる食事ダイエットに加えて、カロリーをエネルギーに変えて消費できる基礎代謝量を高められる運動ダイエットにも同時に取り組めば内臓脂肪の減少にかなり効果が期待できます。その上で、両方のダイエット効果を後押しできるようなサプリメントにも頼れば夏までに綺麗なボディーを手に入れることは十分に可能だと思います。

ラクトフェリンのダイエット効果で弾みつける

食事ダイエット+運動ダイエットでのダイエット効果にさらに弾みをつけて夏までに綺麗ボディーを手に入れるためにはダイエット効果が高いと評判の高いダイエットサプリを上手に併用することがオススメと言えます。幅広い健康効果で今注目されているのがラクトフェリンであり、最近ではラクトフェリンのダイエット効果にも注目度が高くなっているのです。それゆえ、ラクトフェリンのダイエット効果を信じて頼れば食事ダイエットや運動ダイエットの効果にさらに弾みをつけることもできます。

ラクトフェリンのダイエット効果では脂肪代謝機能の改善があります。具体的には、脂肪吸収の抑制作用と脂肪分解の促進作用です。脂肪吸収の抑制作用によって中性脂肪やコレステロールが脂肪に合成されてからだの中にたまることを防いでくれます。それゆえ、内臓脂肪がたまり難いからだにしてくれるのです。

脂肪分解の促進作用では分解され難い状態になっている内臓脂肪の脂肪細胞を分解し易い状態にしてから脂肪を分解するリパーゼ酵素の働きを強めて積極的に分解してくれるのです。脂肪は分解されて遊離脂肪酸となることで燃やし易い状態になるので脂肪を燃やせる有酸素運動との組み合わせなら理想的に内臓脂肪を燃やして減らすことが可能となります。

運動で引き締めよう!

男性については筋肉がしっかりついた引き締まったボディーには男らしさと男らしい美しさが滲み出ていると感じる女性は多いと思います。同じ男性から見ても筋肉質で均整のとれた引き締まったボディーには憧れてしまうものでしょう。女性の場合はどうかと言うと、女性らしいふくよかな体型に女性らしい美しさ、女性らしい綺麗なボディーを感じ取れます。一方で、女性でもしっかりと筋肉がつくべき部分についている適度な筋肉質の引き締まったボディーはスラリとしたスリムな印象があるので多くの現代女性が憧れる綺麗なボディーと言ってよいと思います。

しかし、引き締まった決して女性美を損なわないマッチョなボディーではない綺麗なボディーはなにも努力せずに手に入るものではありません。たとえば、トップモデルの綺麗なボディーは天から与えられた天賦のものではなく涙ぐましい努力と節制によって実現され維持されているものと言ってよいのです。だから女性が綺麗なボディーづくりを目指すためにはそれなりの努力と的確な方法に則ったダイエットが必要なのです。

綺麗なボディーづくりを目指せる運動について

引き締まった適度に筋肉がついた綺麗なボディーになるためには運動に取り組む必要があると言えます。綺麗なボディーづくりに欠かせない運動は、

  1. 有酸素運動
  2. 無酸素運動
  3. ストレッチ運動

となります。

有酸素運動をすることでからだについた余分な脂肪を燃やして減らします。無酸素運動は短距離走や筋トレとなります。無酸素運動は酸素を取り込みながらゆったり負荷をかけるのとは異なり酸素の取り込みはわずかにして大きな負荷をかけることで大きなパワーを出すような運動となります。そのために筋肉量が増えて基礎代謝量が上がります。基礎代謝量がアップしたからだは痩せやすいからだとなり筋肉をつけることでからだ全体を引き締められます。

ストレッチ運動はからだの筋肉や腱などを伸ばし関節の可動領域を広くします。ストレッチ運動は有酸素運動や無酸素運動の前後に行うと運動時の怪我を防止できます。さらに体内に老廃物がたまり難い状態を作れます。引き締まったボディーづくりにはからだに老廃物がたまらないようにすることも必要です。ストレッチ運動でも取り組み方次第では筋肉量が増えて基礎代謝量を上げられます。綺麗なボディーには基礎代謝量のアップは必須事項となります。

腸内美容の考え方

薄着で肌の露出度が多くなる夏だからこそ綺麗なボディーになりたいと思う女性はとても多いと思います。綺麗に痩せることで綺麗なボディーは手に入ると言ってよいと思います。綺麗に痩せることへの関心が高い女性の間では、からだの内側から綺麗になって痩せるといった腸内美容の観点から綺麗なボディーづくりに取り組む女性の方が最近増えているのです。

腸内美容とは腸内環境を綺麗にしてからだの免疫力や抵抗力を高めて人間本来の、女性本来のからだの内側からにじみ出るような美しさを実現して綺麗なボディーを手に入れることを目指すものとなります。腸内環境は美しくなるための重要なポイントと言ってよいのです。それは腸内には老廃物や不純物が蓄積されるので老廃物などをすべて体外に排泄することで腸内を常に綺麗な状態にしてからだに毒素をため込まないようにして肌が綺麗になり脂肪が腸などにたまってお腹がぽっこりしないようにできるからです。

腸内に老廃物がないということはからだの内側が綺麗になると言うことです。たとえば、トップモデルの間で人気のあるデトックス美容術も腸内美容と同じ考え方なのです。腸内環境を常に綺麗に保つことでダイエット効果も高まり綺麗に痩せて綺麗なボディーづくりのための土台ができるのです。腸内環境が乱れると肌荒れなどの美容トラブルがおきて便秘になると腸内に脂肪がたまって肥満の原因にもなります。

ラクトフェリンの整腸作用で綺麗なボディーを目指す

腸内環境を綺麗な状態に保つ上で役立つのがラクトフェリンの整腸作用なのです。ラクトフェリンは腸内環境を綺麗に整えるための善玉菌の働きを強くして善玉菌のエサにもなるので善玉菌を増やすことができます。

また、腸内環境が乱れて増殖した悪玉菌を退治してくれます。ラクトフェリンは鉄分と結合する性質があります。悪玉菌は鉄分をエサにして腸内で猛威を振るい増殖します。が、ラクトフェリンはエサとなる鉄分を奪い取ってしまうので悪玉菌の働きが衰えて最後には死滅してしまうのです。

善玉菌が優勢な腸内環境では腸の働きも活発化するので綺麗なボディーづくりには大敵となる便秘を予防できます。腸の働きが活発化すると腸内の血流が向上するので腸内に脂肪がつき難くなるとともに腸内にたまった脂肪を便と一緒に体外にどんどん排泄してくれるのでポッコリお腹も解消します。

ダイエットサプリの賢い利用法

内蔵脂肪対策をしっかりやって夏までに綺麗なボディーを確実に手に入れたいのならダイエットサプリの利用を考えましょう。痩せたいけど食べたい!といったようなダイエットに取り組む方のジレンマを解決してくれるのがダイエットサプリです。しかし、ダイエットサプリの種類はとても多いので選ぶ時は迷ってしまうと思います。

ダイエットサプリは各々にダイエット目的に特化した成分を含んでいると言ってよいのです。それゆえ、自分が取り組んでいるダイエット方法の効果をさらに後押ししてくれるようなダイエットサプリを選ぶことがまず重要となります。

ダイエットサプリは

  1. 食欲抑制系
  2. 脂質・糖質吸収阻害系
  3. 便秘解消系
  4. 脂肪燃焼系
  5. 置き換え系

といった種類に分けられます。これらサプリの中でも特に人気があって利用している人も多いのが脂質・糖質吸収阻害系サプリと脂肪燃焼系サプリと言ってよいでしょう。脂肪燃焼系サプリではトウガラシに含まれている脂肪を強力に燃やすメラメラ成分となるカプサイシンを配合したサプリがひところ高い人気を集めました。

ダイエットサプリはダイエット方法で選ぶのがポイント

いろいろな種類のダイエットサプリの中でどのサプリが自分に合っているのかは自分が取り組んでいるダイエット方法で選ぶのがポイントです。

運動好きで日ごろから運動する習慣がある人で筋トレやウォーキングなどでダイエットしている方には脂肪燃焼系サプリがオススメです。運動によるダイエット効果をさらに後押ししてくれるのが脂肪燃焼系サプリです。脂肪燃焼系サプリの成分は基礎代謝量をアップする作用があるので運動による基礎代謝量の向上を強力にバックアップしてくれます。

運動は好きじゃないし運動は苦手といった人で食事ダイエットに集中して取り組んでいるけどどうしても食べたい気持ちに負けてしまいそうな方には脂質・糖質吸収阻害系サプリと食欲抑制系サプリの組み合わせがベストです。

慢性的な便秘に悩まされておりダイエットで便秘の症状が酷くなってしまうといった方では便秘解消系サプリがオススメです。便秘解消系は強い整腸作用の成分が配合されているので便秘による脂肪蓄積を解消してくれます。さらに食欲抑制系サプリと併用すると効果が高くなります。置き換え系サプリはどんなダイエット方法にも合うので他のダイエットサプリと併用することをオススメします。

夏までに痩せるなら

ダイエットに取り組んで夏までに痩せて綺麗なボディーを確実に手に入れるのなら「自分でできることはすべてやる!」といったダイエットに対する覚悟や意気込みが特に重要になると言ってよいでしょう。

たとえば、自分は運動が好きじゃないのでカロリーコントロールを主とした食事ダイエットで体重を減らして綺麗なボディーを手に入れたいと考えているなら、あえて運動ダイエットも積極的に取り入れて総合的なダイエットでダイエット効果を短期でできるだけ高めることが必要です。

食事ダイエットでは脂肪の多い食品や糖質の多いお菓子は必要な栄養分としての摂取に留めてなるべく口にしないようにするといったことを徹底的に守る必要があると思います。

運動ダイエットでもできるだけ空き時間を見つけるよう工夫してボーッとテレビを観ている時間があるならその時間を有効に使ってウォーキングやジョギングに取り組むようにするといった心がまえが必要でしょう。

一定期間で、あるいは短期間でダイエット効果を得るにはダイエットの方法論よりも「絶対に痩せる!そのためにはなんでもする」といった強い覚悟がいちばん重要になると考えてよいのではないでしょうか。

ダイエットサプリも積極的に利用する

食事ダイエットと運動ダイエットとの組み合わせによるダイエット効果をさらに上げることで夏までに確実に綺麗なボディーを手に入れる可能性を少しでも高める方策も考えたいところです。そのためにオススメとなるのはダイエットサプリです。

ダイエットサプリの中の基礎代謝機能に働きかける成分を配合した脂肪燃焼系ダイエットサプリは運動ダイエットと組み合わせることでダイエット効果を飛躍的に高めることも可能です。

食事ダイエットの効果にさらに弾みをつけるなら食欲抑制系ダイエットサプリを併用するとさらに摂取カロリーを減らすことができます。また、糖質・脂質吸収阻害系サプリなら食事ダイエットや運動ダイエットで内臓脂肪がつき難くなったからだにさらにプラスαのメリットが期待できます。

つまり、夏まで確実に綺麗ボディーを手に入れるダイエット方法は「食事ダイエット+運動ダイエット+ダイエットサプリ」の総合的なダイエットに取り組むことになると言ってよいのです。