Home » Uncategorized » 内蔵脂肪がたまる原因

内蔵脂肪がたまる原因

お腹まわりなどに内臓脂肪がたくさんたまってしまう原因は、過食と運動不足の2点に集約されると言っても過言ではないと思います。いつもお腹いっぱい食べてしまう過食癖のある人だと食事からの摂取カロリーがいつも過剰気味となってすべてカロリーがエネルギーとして消費し切れずにカロリーが余ってしまします。余ったカロリーは急場のエネルギー源として脂肪に合成されてからだにたまることになります。

急場のエネルギー源として脂肪を体内にため込むことはなにも問題はなく病気でもありません。が、急場のエネルギー源がからだにたまり過ぎてしまうと内臓脂肪による肥満となりいろいろな病気の原因となってしまうのです。一方で食事から摂った余分なカロリーを運動するなどでしっかり消費できるような生活習慣ならOKですが、運動不足となると余剰カロリーを消費できないので脂肪としてどうしてもからだに蓄積されてしまいます。

過食でも特にごはんなどの炭水化物をたくさん食べる、肉や天ぷら、揚げ物などが大好きでたくさん食べてしまうといった要因が加味されると過食による内臓脂肪の蓄積にさらに弾みがついてしまいます。さらにアルコール好きで過食しながら大量に飲酒するといった場合には短期間で内臓脂肪がお腹の臓器まわりにどんどん蓄積されてしまう可能性が高くなります。内蔵脂肪がたまる原因をカットする

内蔵脂肪がたまる原因をカットする

からだにたくさんたまった内臓脂肪対策ではまずは内臓脂肪がたまる原因をカットするのが先決です。それは過食癖を止めて腹八分目で満足できるような食生活に切り替えることです。過食癖のある人が節制だけで腹八分目に慣れるには難しいと思うので食欲を制限できるサプリメントなどを併用することをすすめます。食欲抑制の成分が含まれているサプリは満腹中枢を刺激するレプチンを分泌させることで食べ過ぎを抑制できます。

運動不足については特に内臓脂肪を燃やせる運動に取り組むことをオススメします。ウォーキングやジョギングは内臓脂肪を効率的に燃えやして減らせる有酸素運動となります。ウォーキングやジョギングならお散歩感覚で誰でも簡単に取り組めると思います。ウォーキングなら20分以上取り組むと内臓脂肪が燃えます。

また、ウォーキングなどは全身運動となるのでからだ全体の血流も良くなるので新陳代謝の向上も見込めて内臓脂肪がつき難いからだにすることも可能です。