Home » Uncategorized » 内臓脂肪対策の基本は食事と運動

内臓脂肪対策の基本は食事と運動

からだにたまった内臓脂肪を減らして夏までに綺麗なボディーを手に入れるための基本は食事ダイエットと運動ダイエットとなります。理由は、内臓脂肪がからだに蓄積される原因が過食や肉や脂っこい食事の食べ過ぎといった食事での問題と運動不足による基礎代謝量の低下を指摘できるからです。内蔵脂肪を減らすためのダイエットでは内臓脂肪がつかないような食事を心がけることと蓄積した内臓脂肪を減らすための食事と運動に加えて、落ちた基礎代謝量をアップさせるための運動に取り組むことが必要と考えられます。

摂取カロリーと消費エネルギー量のバランスをしっかり考えてできるだけ摂取カロリーを抑制できる食事ダイエットに加えて、カロリーをエネルギーに変えて消費できる基礎代謝量を高められる運動ダイエットにも同時に取り組めば内臓脂肪の減少にかなり効果が期待できます。その上で、両方のダイエット効果を後押しできるようなサプリメントにも頼れば夏までに綺麗なボディーを手に入れることは十分に可能だと思います。

ラクトフェリンのダイエット効果で弾みつける

食事ダイエット+運動ダイエットでのダイエット効果にさらに弾みをつけて夏までに綺麗ボディーを手に入れるためにはダイエット効果が高いと評判の高いダイエットサプリを上手に併用することがオススメと言えます。幅広い健康効果で今注目されているのがラクトフェリンであり、最近ではラクトフェリンのダイエット効果にも注目度が高くなっているのです。それゆえ、ラクトフェリンのダイエット効果を信じて頼れば食事ダイエットや運動ダイエットの効果にさらに弾みをつけることもできます。

ラクトフェリンのダイエット効果では脂肪代謝機能の改善があります。具体的には、脂肪吸収の抑制作用と脂肪分解の促進作用です。脂肪吸収の抑制作用によって中性脂肪やコレステロールが脂肪に合成されてからだの中にたまることを防いでくれます。それゆえ、内臓脂肪がたまり難いからだにしてくれるのです。

脂肪分解の促進作用では分解され難い状態になっている内臓脂肪の脂肪細胞を分解し易い状態にしてから脂肪を分解するリパーゼ酵素の働きを強めて積極的に分解してくれるのです。脂肪は分解されて遊離脂肪酸となることで燃やし易い状態になるので脂肪を燃やせる有酸素運動との組み合わせなら理想的に内臓脂肪を燃やして減らすことが可能となります。