Home » Uncategorized » 腸内美容の考え方

腸内美容の考え方

薄着で肌の露出度が多くなる夏だからこそ綺麗なボディーになりたいと思う女性はとても多いと思います。綺麗に痩せることで綺麗なボディーは手に入ると言ってよいと思います。綺麗に痩せることへの関心が高い女性の間では、からだの内側から綺麗になって痩せるといった腸内美容の観点から綺麗なボディーづくりに取り組む女性の方が最近増えているのです。

腸内美容とは腸内環境を綺麗にしてからだの免疫力や抵抗力を高めて人間本来の、女性本来のからだの内側からにじみ出るような美しさを実現して綺麗なボディーを手に入れることを目指すものとなります。腸内環境は美しくなるための重要なポイントと言ってよいのです。それは腸内には老廃物や不純物が蓄積されるので老廃物などをすべて体外に排泄することで腸内を常に綺麗な状態にしてからだに毒素をため込まないようにして肌が綺麗になり脂肪が腸などにたまってお腹がぽっこりしないようにできるからです。

腸内に老廃物がないということはからだの内側が綺麗になると言うことです。たとえば、トップモデルの間で人気のあるデトックス美容術も腸内美容と同じ考え方なのです。腸内環境を常に綺麗に保つことでダイエット効果も高まり綺麗に痩せて綺麗なボディーづくりのための土台ができるのです。腸内環境が乱れると肌荒れなどの美容トラブルがおきて便秘になると腸内に脂肪がたまって肥満の原因にもなります。

ラクトフェリンの整腸作用で綺麗なボディーを目指す

腸内環境を綺麗な状態に保つ上で役立つのがラクトフェリンの整腸作用なのです。ラクトフェリンは腸内環境を綺麗に整えるための善玉菌の働きを強くして善玉菌のエサにもなるので善玉菌を増やすことができます。

また、腸内環境が乱れて増殖した悪玉菌を退治してくれます。ラクトフェリンは鉄分と結合する性質があります。悪玉菌は鉄分をエサにして腸内で猛威を振るい増殖します。が、ラクトフェリンはエサとなる鉄分を奪い取ってしまうので悪玉菌の働きが衰えて最後には死滅してしまうのです。

善玉菌が優勢な腸内環境では腸の働きも活発化するので綺麗なボディーづくりには大敵となる便秘を予防できます。腸の働きが活発化すると腸内の血流が向上するので腸内に脂肪がつき難くなるとともに腸内にたまった脂肪を便と一緒に体外にどんどん排泄してくれるのでポッコリお腹も解消します。